5/23/2011

vol.61 JR市ヶ谷駅交番前の歩道の狭隘化問題 その10

市ヶ谷駅前のパトカー駐車場と緑地帯が撤去される運びとなった。

真ん中あたりの市ヶ谷見附交番にズーム。路線図のラベルのチェックを外すと見やすい。緑色の部分が緑地帯。その右側に止まっているのがパトカー。明らかに歩道を占領し、歩行を阻害し、狭隘化を招いている事がよく分かる。

担当は、検討するとは言っていたが、実際に撤去されることになるとは実に喜ばしいことである。

この件、地元のS氏に話す機会があって、「掛け合ってみましょう」という返事をいただいていたのだが、こうも早く実現するとは思っていなかった。

わたしも、うやむやになってきそうな気がしていたので、また、一向にやる気のない東京都第一建設事務所補修課の山田さんにプッシュのメールをしようと思っていた矢先のことである。

これから2ヶ月余りをの間にこれまた早急に工事を行うということなので、工事の進展に合わせて実況していきたいと思う。

ソウダヒロシ プロフィール CONTACT

今日のメニュー2011
今日のレストラン2011
環境トレンド2011
Tトレンド2011
ITトレンド2000

リンクアドβ公式ウェブサイト
リンクアドβ公式Twitter
リンクアドβ公式Facebook Page
The LinkAd Daily
リンクアド・プロジェクト公式ウェブサイト
リンクアド・プロジェクト公式ブログ
YouTubeリンクアド動画

ソウダヒロシ公式ウェブサイト
ソウダヒロシ公式パブー
ソウダヒロシ公式Twitter
ソウダヒロシ公式Facebook
日刊ソウダヒロシ新聞

LinkAd Project

5/15/2011

vol.60 3・11以降の環境問題

3・11以降、原発問題は議論の余地など全くない現実の問題になってしまった。

東北のみならず、関東、東海に至るまで空気汚染、土壌汚染、海洋汚染の3点セットで放射能汚染は進み、米をはじめとする野菜、果物、魚介類と全てに渡って汚染されていると見るべきである。

放射能汚染という見えない汚染と戦うには際限のない予算と上限のないリスクを負い続けなければならない。

これを続ける限り、経済は限りなく疲弊し健康不安は募るばかりである。これから100年は続くであろう消耗戦にに耐えられるのか?また、それを孫子の代に押し付ける権利が今の為政者にあるのか?

こうなると、東北への首都機能移転などという目先の利益に目がくらんだ世迷言を言っている場合ではなく、いよいよ生産拠点は西日本にシフトせざるを得ず、西日本が中心でこの国を回していかなければならず、人口も半分の5000万程度に抑制していくことを考えるべきである。

そもそもヨーロッパの先進国に1億を超える国民を養う国はなく、日本は明治以来1億総貧乏でやってきたわけあるが、今後は国際社会の仲間入りを目指し、国民総生産はそのままに、半分の人口でこの国は回していくことを考えるべきである。

単純にいえば、今の生産力を2倍に上げなければこの国に国際競争力など生まれるはずがない。

明治政府が東京を首都にして、140年、永すぎたくらいである。

そろそろ1000年来の首都である京都に天皇ともども戻すのが筋であろう。さらに、西日本、四国、九州に分散して首都機能を置けばいい。

日本国民が次世代の国を作るつもりなら、被災地をはじめとする東北地方の方々を全て関西に移住させ、復興に遣う金を新国家建設のために遣うべきだろう。

西日本に国民の英知を集約すればそれは可能だと思う。

パンドラの箱を開けてしまった以上、これと対峙する努力よりも、撤退する勇気こそが必要だろう。

ソウダヒロシ プロフィール CONTACT

今日のメニュー2011
今日のレストラン2011
環境トレンド2011
Tトレンド2011
ITトレンド2000

リンクアドβ公式ウェブサイト
リンクアドβ公式Twitter
リンクアドβ公式Facebook Page
The LinkAd Daily
リンクアド・プロジェクト公式ウェブサイト
リンクアド・プロジェクト公式ブログ
YouTubeリンクアド動画

ソウダヒロシ公式ウェブサイト
ソウダヒロシ公式パブー
ソウダヒロシ公式Twitter
ソウダヒロシ公式Facebook
日刊ソウダヒロシ新聞

5/06/2011

vol.59 殺人ユッケ

富山の焼肉店でユッケを食った死亡者が4人になったところで、やっとおっとり刀で行政が動き出した。

しかし、これまでユッケを食って死人が出たのは初めてのことなのだろうか?

ふぐは調理師免許で厳しく規制しているくせに、肉の取り扱い業者に対しては超ゆるい。

そもそも、肉の値段などあってないようなもので、同じ部位の肉でも平気で値段を変えて高く売っているし、ロースがカルビだったりハラミだったりするのは「業界の常識」だったわけで、消費者をなめまくった業界なのである。

そこへきて今回の殺人事件である。

これは事故でもなんでもなく、殺人である。トリミングをするように指導していたがやってなかったことが原因だからである。しかも、指導だけで罰則はない。今時、歩きタバコでも罰則があるのにである。

こういうのを笊法という。(千代田区のように騒音防止条例がないよりましではあるが)

死人が出るまで動かない行政の例は枚挙に暇がないが、これまた、行政の未必の故意。

ま、これを機会に食肉業界にメスが入るのを期待したい。

もったいないから原発を冷却せず、もったいないからトリミングしないというのは姑息さという共通点を持つ。

姑息なやつらをのさばらせてはいけない。

ソウダヒロシ プロフィール CONTACT

今日のメニュー2011
今日のレストラン2011
環境トレンド2011
Tトレンド2011
ITトレンド2000

リンクアドβ公式ウェブサイト
リンクアドβ公式Twitter
リンクアドβ公式Facebook Page
The LinkAd Daily
リンクアド・プロジェクト公式ウェブサイト
リンクアド・プロジェクト公式ブログ
YouTubeリンクアド動画

ソウダヒロシ公式ウェブサイト
ソウダヒロシ公式パブー
ソウダヒロシ公式Twitter
ソウダヒロシ公式Facebook
日刊ソウダヒロシ新聞

ページ

フォロワー

自己紹介

自分の写真

デジタルハリウッドeマーケティング講座講師を経て、現在、リンクアドLLC代表。サーモン・フィッシャー、環境小説作家。
2015年6月1日より、SAFETY&TASTYな食べ物の供給プラットフォーム開発に着手。