10/25/2009

vol.8 エコロジーとエコノミー

最近TVを見ていて「?」と思った。

省エネタイプの冷蔵庫にエコポイントがついてくる」というコマーシャルである。

エコポイントは、鳩山君が廃止すると発言して家電業界が挙げて反対しているもので、「グリーン家電」に対して政府が税金を使って景品を出すという制度である。

また、もう一つ鳩山君が廃止しようとしているエコカーについても税金を安くするというエコカー減税というのがある。

この二つのエコ、どうもよくわからないのは、省エネタイプの冷蔵庫と車は安くなるという点である。

このエコはECONOMYのエコなんじゃないの?

エコは、ECOLOGYなんじゃないの?

隣でTVを見ていた人は、「省エネタイプはCO2排出量が少ないので、結果エコ=エコロジーにつながる」と言っていたが、消費者は安けりゃいいやと思って買ってるだけなんじゃないの?

また、これをスタートさせた自民党は、一旦助成金を引き当て、これが家電業界、自動車業界から政治献金として還流してくることに期待してただけなんじゃないの?だから鳩山君は躍起になって廃止しようとしてるんじゃないの?

そんな疑問がわいてくる。

第一、業界の反応は、「これらの商品によって、環境への負荷が軽減された」ではなく、エコロジーよりエコノミー丸出しの、「せっかくの景気回復が遅れることになる」だもんね。

ソウダヒロシ プロフィール CONTACT

※IT系のブログは→ITトレンド2010

※食い物系のブログは→今日のメニュー2010

※進行中プロジェクトのブログは→リンクアド・プロジェクト公式ブログ

0 件のコメント:

ページ

フォロワー

自己紹介

自分の写真

デジタルハリウッドeマーケティング講座講師を経て、現在、リンクアドLLC代表。サーモン・フィッシャー、環境小説作家。
2015年6月1日より、SAFETY&TASTYな食べ物の供給プラットフォーム開発に着手。